Shu Workdesk ブログ運営 これだけはおさえておきたい!Webマーケティング用語、指標のまとめ。

これだけはおさえておきたい!Webマーケティング用語、指標のまとめ。


 Webマーケティング用語のまとめであり、聞きなじみの多い用語を中心に書いております。ご参考までに。

インプレッション(impression)

印象などと訳され、「IMP:インプ」と略す場合もあります。閲覧者が広告を目にした回数のことを指しています。
また、媒体がTwitterやFacebookなどのSNSの場合では、広告の表示のみではなく、一般的な投稿が表示された回数のことを指して使用されることもあります。

クリック率(CTR : Click Through Rate)

広告が表示された回数のうち、どのくらいクリックされたかを示す割合のことを指します。 サイトへの誘導効率を計ることができ、ユーザーがサイトに訪問したくなるような広告をどの程度掲載できているかを判断する基準となります。
《計算方法》
CTR(クリック率)% = クリック数 ÷ 広告表示回数 × 100

例)
CTR 20% = クリック数 20回  ÷  広告表示回数 100回 × 100
上記例よりCTRは20%となります。あくまで目安になるため、この数値を活かすために広告の表示方法やユーザーを誘導するための方法などを改善していくことが望ましいです。

CVR(Conversion Rate)

CV(Conversion)、コンバージョンとは直訳で「変換」や「転換」などの意味になります。マーケティングに置き換えると成約、成果、契約などの意味合いになります。そして、CVRは成約率のことを指します。
《計算方法》
CVR(成約率)% = コンバージョン数 ÷ セッション数 × 100


例)
CVR 5% = コンバージョン数 10件  ÷  セッション数 200回  ×  100
上記例より200回のセッションから10件の成約が取れていることがわかり、成約率は5%となります。成約率を上げるためにセッション数を向上させるための工夫やライティングの工夫などが必要と考えることができると思います。数値を有効に利用するために、サイト設計を見直すのも良いでしょう。  

CPC(Cost Per Click:クリック単価)

広告主がクリック数に応じてお金を支払っています。金額は様々であり、高いと11000円などもあります。

SEO(Search Engine Optimization)

 検索エンジン最適化(Search Engine Optimization)」の頭文字を取った略称です。優良な被リンクを集めたり(外部施策)、ユーザーに価値あるコンテンツを提供し、適正に検索エンジンにページ内容を理解・評価されるよう技術的にWebページを最適化(内部施策)すること。

クエリ(query)

 直訳で疑問や質問などの意味があります。webでは検索エンジンにキーワードを入力して検索をします。そのクエリをキーワードを元に適切な回答が検索されます。

LP(Landing Page:LP、ランディングページ)

Landingとは着地を意味しており、広告などからアクセスした先のページとイメージするとわかりやすいです。企業広告などをクリックしたら、その先のwebページに移ると思います。

ROI(Retern On Investment:投資対効果)

 投資(広告など)に対して利益(効果)が出たかを示します。例えば、1000円の広告費などをかけて、10000円の利益がでたら、ROIは10倍であるという結果になります。ROIが高い数値を示すほど、効率の良い投資となります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Related Post