Shu Workdesk ブログ運営 たばこを辞めようと思っているのに禁煙に失敗してしまうのか?

たばこを辞めようと思っているのに禁煙に失敗してしまうのか?

記事のポイント:禁煙失敗の原因はニコチンによる依存形成や常用が大きく影響している。たばこを吸うことでニコチンを体内へ吸収し、神経の興奮状態もしくは鎮静化に効果をもたらすが持続作用は短い。徐々に耐性も形成されるため、たばこの本数は増え、常用化していく。禁煙を成功させるならば、耐性を軽減していき常用化を防ぐ必要がある。

たばこを吸うことによる効果

 たばこの主流煙(吸い込む煙)は、95.5%がガス成分、3.52%は粒子成分(タール)、0.28%がニコチンを含んでいると言われています。そして約5,300種類もの化学物質が含まれており、これらの化学物質の中には発がん性物質も約70種類存在すると言われています。

ニコチン

 中枢神経を興奮させる作用があります。 ニコチンは神経細胞の受容体に結びつき、神経伝達物質ドーパミンを放出されるといわれます。 一方でニコチンは、神経が興奮している状態では逆に鎮静の効果をもたらします。しかし作用時間の長くはないため、反復によって依存を形成しやすいです。

タール

 タールは約4000種類の化学物質の集まりで、発がん性物質を含んでいます。その発がん性物質は約70種類ほど含んでいると言われています。

たばこは身体に良いのか?

 たばこ自体は鎮静作用などの一時的な効果はありそうですが、長期的に見るとがんを発生させるリスクが高いので身体には良くはないでしょう。
 下図は禁煙の効果をまとめているものになります。

引用:厚生労働省 喫煙と健康 喫煙の健康影響に関する検討会報告書 2016.

どうしたら、禁煙は成功できるのか?

 まず自己を客観視することが必要であり、どのような時にたばこを吸っているか、本数は何本かを振り返ってみましょう。
 

・どのような時にたばこを吸っているか。
 →例えば、何か強いストレスを感じた時に吸っているとした場合。
  ストレス緩和のために、たばこを吸うことによって、軽減しようとしている
  ことがわかります。この場合では、ストレスの緩和という目的をたばこによ
  って果たそう
としています。たばこではなく別の行動に置き換える(行動は
  特に制限はなくなんでも良い、例えば運動を行うなど、軽いランニングやジ
  ョギング、ウォーキングなど)必要があります。つまりは、ストレスに晒さ
  れた時にたばこにで緩和させようとする行動に移ってしまうことが問題とな
  るので、その行動を変える必要があります。

・吸う本数はどうか。
 →吸う本数が多ければ多いほど、たばこへの依存度は高い。目標値を決めて吸
  う本数を1ヶ月単位で徐々に減らしていく。紙などに書いて常に見えるとこ
  ろに貼るなどしておくと意識化されやすいため、効果的です。また家族など
  にも協力を仰ぐとさらに効果は上がりやすいです。

・お酒の席ではかなり注意が必要。
 →前もって断っておきましょう。ついつい吸ってしまったら積み上げたものが
  水の泡になりますので。お酒を飲んでいるとつい吸いたくなってしまうもの 
  ですが、そういう時こそメモなどを見てたばこを辞めることを思い出しまし
  ょう。

まとめ

 人によってたばこを辞められない理由は様々だと思いますが、辞められない原因は必ずありますので、振り返りながら行動を変化させていくことが重要になります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Related Post