Shu's Workdesk 暮らし マスクの違いで飛沫量が変わる?

マスクの違いで飛沫量が変わる?

コロナ禍でマスクの需要増加

 コロナ禍によって、普段から感染予防を図るために誰もがマスクを普段から使用することが増えました。マスクと言っても、今では様々な種類が出ています。例えば、ウレタン製や布製のマスクなどをつけている人を見かけますね。マスクの違いによって、飛沫量はどの程度変わっていくるかが気になるところです。

マスクの違いによる飛沫量

不織布ウレタンフェイスシールド
吸う時約70%削減35〜45%削減30〜40%削減小さな飛沫は効果なし
吐く時約80%削減66〜82%削減約50%削減約20%削減
引用資料:理研・豊橋技科大・神戸大・、協力:京都繊大・阪大・大王製紙

 上記資料より、布やウレタンなどのマスクより不織布マスクの方が吐く時、吸う時ともに飛沫量削減に効果的であることがわかります。つまり、感染拡大防止に有効なのは不織布マスク一択となりますね。
 少し話が変わりますが、国民に向けて配布した布マスクですが、洗えて使えることを強調していましたが、感染予防としては不織布よりは効果が低そうなので疑問が残るところですね。

まとめ

 コロナが流行した頃はマスクの需要が一気に高まり、品薄の状態が続いていましたが、現在は供給されドラッグストアやスーパー、コンビニでも購入が可能となっています。
 ウレタン製や布製のマスクはオシャレや格好良いのですが、感染拡大防止の点からみると効果が弱いため、不織布マスクを着用した方がコロナに罹患しにくくなりそうです。皆さんも今一度マスク購入するときは、マスクの効果を再検討して購入してくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Related Post