Shu's Workdesk 暮らし 住宅は買うべきか?借りるべきか?

住宅は買うべきか?借りるべきか?

はじめに

 20代から30代にかけて、マイホームが欲しいなと考える方は多いと思います。30代はじめに筆者も購入しようかと考えることがたびたびありました。ここで迷いが生じると思います。本当に買う必要があるか、賃貸のままの方がいいか?と。しかし、迷った挙句筆者は購入することを決断しました。実際に購入したのは中古マンションで、リノベーションを行いました。現在、迷っている方がいたら、この記事を読んで検討してみてはいかがでしょうか?

購入することのメリットとデメリット

[メリット]

  • 自分の持ち物となる
  • 安心感がある
  • 自分の好きなようにカスタムできる(リフォームやリノベーションなど)
  • ローン返済が終われば資産として残せる可能性がある

[デメリット]

  • 固定資産税がかかる
  • 家の修理費は自分
  • 月々のローン返済がある(一括で購入できれば話は別)
  • 容易に引っ越すことができなくなる

借りることのメリットとデメリット

[メリット]

  • 修理費用は大家が負担してくれる
  • 固定資産税は発生しない
  • 引越しが容易にできる
  • (大家がOKであればリフォームなどが可能)

[デメリット]

  • いつまでも自分の所有にはならない
  • 住み続ければ、賃貸料が発生し続ける
  • 内装を変えることはできない(内装を変えることが難しい場合が多い)

購入することと借りること、それぞれのメリットとデメリットはこのようなところでしょうか。ただ、実際の自分の置かれている状況(仕事や生活背景など)が異なれば、メリットやデメリットの優先度などは変わる可能性が多いにあります。筆者はこのようなところがあげられました。

筆者の選択

 筆者は中古マンションを購入し、リノベーションという選択を行いました。リノベーションとは、内装や間取りを変更し工事し直すことを指します。そのため、リフォーム(既存の間取りのまま、内装を新しくすること)とは異なり自分の理想の住宅を作ることができます。

 新築のマンションは非常に価格が高いため、ローンを組めたとしてもローン地獄に陥ると思いやめました。その頃マイホームが欲しかったため、中古マンションという選択をしました。

 一軒家を選ばなかったのは、公共交通機関の近くに欲しかったため非常に高額となることや雪かきが嫌だったこと(北海道すみのため)、資産価値が下がりやすいことが理由です。

 そのため、中古マンション(公共交通機関が近い)でリノベーションができる物件を選びました。中古マンションは立地が良いと、売却しやすいことも購入した理由の一つです。ただし、デメリットであるローン返済や税金がかかってくるので大変な部分ではあります。

まとめ

 購入を迷っている方の参考になればと思い、今回このテーマを取り上げました。マイホームが欲しいなと考えている方は、非常に悩ましいところですよね。ただ購入するのであれば、ローンの返済ができるかどうかが非常に重要となります。購入するのであれば、身の丈にあった金額の住宅を選ぶことが望ましいですし、資産価値も合わせて考えておくことをおすすめします。

 悩んでいる方に少しでも参考になれば幸いです。ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Related Post