Shu's Workdesk 健康情報 口の中から白い玉…

口の中から白い玉…

口の中から白い玉が出たら

突然、口の中から白い玉が出たことはありませんか?乳白色で2~3mm程度の大きさのネトネトしたものです。潰すと非常に不快な匂いが出てくる臭い玉です。

白い玉の正体

白い玉、臭い玉の正体は、膿栓と呼ばれるものです。初めて聞いたことがある方もいるかもしれません。食べ物の残りやカスや口・鼻から病原菌・ウィルスが侵入したことにより、扁桃腺がその病原菌やウィルスと戦い、その死がいなどが集まって形成されたものが膿栓なのです。膿栓が形成されることは病気ではなく、自然な生体の反応だと言えます。ただし、膿栓自体は非常に悪臭がするものなので、口臭の原因にはなりそうです。

対策

鏡を見て、白い玉・臭い玉ができているのが見えたとしても、無理やりとることは扁桃の組織を傷つける可能性があるため、お勧めはしません。

 食べ物の残りカスや病原菌・ウィルスが主なため、こまめな歯磨きうがいが必要と考えます。その他には、口内の乾燥が強いと病原菌やウィルスが入りやすくなるため、マスクも良いと思われます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Related Post

気づきにくい体臭。ある身近な食べ物で臭いを抑制する。気づきにくい体臭。ある身近な食べ物で臭いを抑制する。

はじめに  スメルハラスメント(においにより周りに不快感を与えること)という言葉があるように「におい」が問題となることがあります。特に男性では加齢臭やミドル脂臭など、自分では気づきにくい臭いの存在もあります。特に対人関係 […]

ご飯の食べ方を”ある工夫”をするだけで,血糖値スパイクを軽減できる?ご飯の食べ方を”ある工夫”をするだけで,血糖値スパイクを軽減できる?

要約:血糖値スパイクとは食後、急激に血糖値が上昇すること、食後高血糖のこと。食べ物や食べ方、食べる順序、食事をする時間を工夫することによって血糖値スパイクを軽減することができる可能性がある。そのことから高血糖による動脈へ […]