Shu Workdesk 健康情報 口内炎ができたら、即やるべきこと3選!

口内炎ができたら、即やるべきこと3選!

痛い口内炎

 口内炎はいつの間にかできていることが多く、痛みを自覚してから発覚することが少なくありません。口の中を見ると、白い斑点となって現れるため視認できます。できはじめが特に痛い口内炎はせっかくの美味しい食事を楽しむことができなかったりしますよね?

 口内炎ができるまでにどのような過程があるのでしょうか?もしできたら、早く治すにはどのような方法があるのでしょうか。

 この記事を読むことで、口内炎の理解と対処法を知ることができます。

口内炎ができるまで

 口内炎と一言に言っても、原因が様々で軽度なものから重度のものまで幅広くあります。

[種類]

  • アフタ性口内炎 :最も多い口内炎の一種。原因は不明だが、疲れやストレス、ビタミンB群の不足と言われている。
  • カタル性口内炎 :頬を噛むなど物理刺激で起こる口内炎。
  • ウィルス性口内炎:単純ヘルペスウィルスによる飛沫感染など。

[原因]

不規則な生活リズムや疲労に伴うストレス、ビタミンB群の不足などが影響と言われています。特にビタミンB2の不足は口内の炎症を助長し、ビタミンB6は免疫機能に関わり細菌の影響を受けやすくなります。

早く治すための対処3選!

1.生活リズムの改善や疲労を回復する

 規則正しい睡眠や食事摂取を心がけましょう。ストレッチや早く眠り十分な睡眠時間を確保することも良いです。

2.食事で栄養バランスを改善する

  • ビタミンB2:ブロッコリー、レバー、焼きのり、納豆など
  • ビタミンB6:カツオ、マグロ、鳥ささみ、バナナなど
  • ビタミンC:レモン、キウイ、イチゴなど

食べ物から摂取することが難しい場合はサプリメントも併用しても良いですよ。

3.口腔内の乾燥を防ぎ、清潔に保つ

口腔内の乾燥は口腔内が傷つきやすい上に細菌が活発になりやすくなります。そのため乾燥を防ぐために、唾液の分泌を促す必要があります。マスクを着用することや水を適宜飲む、ガムや飴を食べ口腔内の乾燥を防ぎましょう。その他にはうがいや歯磨き、口の中を濯ぐことをすると、口腔内の細菌を減らすことができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Related Post