Shu's Workdesk 健康情報 悩まされる肩こり

悩まされる肩こり

肩こりとはどんな状態か?

 首の付け根から肩にかけて、筋肉が張る・痛む・おもだるい、突っ張るなどの状態になっていることをいいます。猫背姿勢や首が前に屈んだ姿勢でデスクワークなどを続けていると、首や肩周りの筋肉の血流が滞り、肩こりにつながっていきます。

何が原因か。

作業姿勢が原因であることが多いです。

パソコンやスマホなどの作業時に猫背姿勢、もしくは首が前に屈んだ状態になっていませんか?もし心当たりがあれば、作業姿勢を正すことが肩こりを軽減できる可能性があります。

 猫背や首が前に屈んだ状態で作業を続けると、二次的に首の後ろ側の筋肉や肩周りの筋肉が伸長され続けること(ストレスがかかり続けること)で、血行不良に陥り、張りを感じたり、痛みを感じるようになっていきます。

 慢性的に肩こりが続くと、肩が上がりにくくなったり頭痛へと発展する場合があります。

ストレッチの紹介

 自分で簡単に取り組むことができる方法にストレッチがあります。ストレッチは筋肉の伸び縮みを促すことで、血行の改善を図ることができます。

①のストレッチは、肩をすくめておろす運動になります。肩を5秒間すくめておろす(脱力する)を10回×2セットを行います。疲労や痛みが出ない範囲で行うことをお勧めします。

②のストレッチは、手を肩に載せゆっくりと大きく円を描くように時計回り、反時計周りに肩を回します。肩甲骨を意識しながら大きく回すと効果がより得られます。10回×2セットを行います。これも①同様、疲労や痛みが出ない範囲で行うと良いでしょう。

まとめ

 まず、作業姿勢を見直すこと、適宜休憩を入れながらストレッチを行うことで、肩こりの改善や悪化を防ぐようにしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Related Post

食後の眠気を断つ!原因を考え、食べ方の工夫3選!食後の眠気を断つ!原因を考え、食べ方の工夫3選!

はじめに   みなさん、昼食後の午後からの業務や会議に出て、(あーすごく眠たいけど寝れないしなー…)という思いを何度か経験したことはないでしょうか?午後は特に食後の眠気が襲ってくる非常に辛い時間帯です。毎回辛い時間帯を根 […]