Shu's Workdesk 副業 情報商材から身を守るために必要なこと(実体験)。

情報商材から身を守るために必要なこと(実体験)。

情報弱者とは?

 現在はインターネットの普及が進み、スマホやパソコンで情報を得ることが昔に比べて、容易になりました。しかしその一方で、時代の変化にうまくついていけず、情報を満足に得ることができない人や充分に活用できない人もいます。

 情報弱者とはその俗称にあたり、情弱とも言われます。情報弱者は特に、情報商材に騙されてしまいがちです。かく言う筆者も情報弱者でした。今は違うと思っています。なぜかって?実際に高額な情報商材を購入してしまい、騙されてしまったのです。実体験を皆さんにお話ししておきますね。

実際に自分に起きたこと(体験談)

 ある無料のLINEマガジンに登録したことがありました。その頃、副業に関する情報を色々と調べながらLINEのマガジンを登録したりすることが多かったのです。

 あるLINEマガジンから物販の話がありました。その内容ではそのLINEの主宰者のコミュニティに入会したら、主宰者が仕入れをして、格安で卸してくれると言うシステムでした。しかも卸したものはフリマサイトやオークションで売り捌くと言うのです。しかもうまく売り捌くことができなかったら、指導もしてくれるし、返金保証もしてくれると言うので失敗はせずにうまくいくだろうと楽観的になっていたと思います。

 金額は言えないのですが、高額でした汗。情報弱者の人に多いと思うのですが、高額な商品や商材を買うとなぜかそれに満足してしまって、行動ができないと言うこともありがちです。

 筆者の場合はそのコミュニティに入会し、実際に商品(中古品が主)を主宰者から購入して、フリマアプリにも出品することもありました。実際に売れることもあったのですが、なかなか思うように売れなかったことを覚えています。さらにはその主宰者のコミュニティでは、指導と呼べるほどの内容はなく、薄っぺらい内容のマニュアルを読んでおくことくらいで愕然としました。主宰者からの連絡は主にLINEでしたが、2〜3週間立つ頃には更新されなくなっていました。この頃、もう時すでに遅しでした。

 高額であったため、クレジットの分割決済で購入しました。月々の支払いは少ない小遣いから支払っていたため、捻出に非常に困りましたし後悔しました。その時は結婚もしていたため、妻に相談できず悶々としていました。

 支払いを続けていくことが馬鹿らしくなってきましたが、全額払わなければ支払いが終わりません。どうしたものかと考えていた頃です。ちょうど、Facebookのページで法律事務所が情報商材に対して、返金請求ができる内容の広告を見たのです。しかも成功型報酬であったため、失敗したら特別お金がかかることがありません。ダメもとで申込みました。

 ある東京の法律事務所だったのですが、対面での相談はなく電話相談とオンライン上の書類申込みで手続きが行うことができるため、特に苦労はしませんでした。ちなみに家族にもバレないようにできるとのことで、非常に助かりました。

 数ヶ月要したものの、購入後から支払った分の返金請求が無事に認められました。残額は無効となり、返金請求の4割を成功報酬として支払いましたが本当に助かりました。

 もし皆さんも、高額な情報商材で騙されたと思ったら、法律事務所を探してお願いしてみるのもいいと思います。苦しい支払いはやっぱりきついですよね。

騙されないために必要なこと

実際に騙されてしまった筆者が教える心得をお伝えします。

  • 楽して稼ごうとしないこと
  • 下調べを入念に行うこと
  • どんな人物でどんな実績を持っているか
  • 誇大広告や誇張表現がないかどうか
  • 高額であればいいわけではない
  • 返金保証で安心しない
  • 最悪騙されたら、返金してもらう手段を持っておく

などですかね。自分が悪かったと思うことは、楽して稼ごうとしていた考えが根底にあったからです。どうしても楽をしてしまいがちです。

 最悪、騙されたら返金してもらう手段は調べておくといいと思います。現在では無料で相談に乗ってくれる法律事務所が多数ありますので、気軽に連絡してみるといいかと思います。

 本日はここまで。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です