Shu Workdesk 暮らし 意外と簡単にできる!車のリモコンキーの電池交換!

意外と簡単にできる!車のリモコンキーの電池交換!

あれ?車のリモコンキーが効かない!?

 普段乗っている車のリモコンキーが反応しないなぁと思いながら、故障だと思い込んでいて手動でドアを開錠や施錠を行っていました。しかしよくよく考えると電池で動いているから電池交換で十分直るのではないかと思って実際に交換してみました。少しでも不安を感じている方がこの記事を読んでチャレンジしてもらえたらと思います。
 車のリモコンキーが効かない、キーが点灯しない時があれば、それはもしかしたら故障というよりも電池切れかもしれません。故障と思って慌てて鍵の修理に出す前に、ほぼ電池代で済むので安上がりです!思いのほか簡単に行うことができます。

車のリモコンキーを開けて電池を交換しよう

 今回は私の車のリモコンキーになります。ちなみに三菱のギャランフォルティスという車であり、キーレスエントリーはできないです。あくまでリモコンキーになります。
 以下は手順になります。

 左側の写真がリモコンのスイッチがある面になります。右側の写真が裏面になります。赤丸の部分に+のネジがあります。それを約3mm程度の大きさの+ドライバーであけましょう。

ネジを取れ外し、裏面の蓋を開けるとこんな感じです。
さらにリモコンの内部の本体を取り外してみます。

赤いのがリモコンの本体部分になります。さらにこれを外していきます。

外した中身になります。右側の部品にボタン電池が入っています。これを新しいボタン電池と取り替えましょう。ちなみにこのリモコンキーの電池はCR1616という種類でした。値段は約250〜300円で購入できます。

あとは外した順番とは逆に戻していく作業になります。
電池代で済むので安上がりになりますが、交換を行うときは自己責任でお願いします。壊れたなどでこちらは責任は負うことはできませんので、ご了承ください。ご参考までに。

もし同じ車種で同じ電池であればこちらから購入できるようにしておきますね!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Related Post

絶対に失敗したくないベビー・チャイルドシート選び絶対に失敗したくないベビー・チャイルドシート選び

はじめに  車を所有していて子どもが生まれたなら、ベビー・チャイルドシートが必要になるなと思う方は多いはず。ただしシートは多種多様で、正直どれを選べばいいかわからないですよね。 私は1児の父になり、シートを購入するときに […]