Shu's Workdesk 健康情報 気づきにくい体臭。ある身近な食べ物で臭いを抑制する。

気づきにくい体臭。ある身近な食べ物で臭いを抑制する。

はじめに

 スメルハラスメント(においにより周りに不快感を与えること)という言葉があるように「におい」が問題となることがあります。特に男性では加齢臭やミドル脂臭など、自分では気づきにくい臭いの存在もあります。特に対人関係の仕事をする方では非常に気を使うデリケートなものです。ただし、においは感じ方に個人差があり、気づいても指摘しにくいものです。そのような気づきにくい加齢臭などの体臭に対して、予防策はあるのでしょうか?

今回は加齢臭の発生原因と対策を深掘りしていきます。


加齢臭やミドル脂臭の正体と発生原因

加齢臭

  • 不飽和アルデヒドの1種である2-ノネナールが主な原因。
  • 40代以降になると男女ともに検出される頻度や量が増加する。
  • 枯れ草のような臭いが特徴である。
  • 特に背中や胸に発生しやすい。
  • 皮脂腺から出るパルミトレイン酸を含んだ皮脂が酸化し、2-ノネナールへ変化する。

ミドル脂臭

  • 臭いの原因はジアセチルという成分。
  • 30代から50代に発生しやすい。
  • 汗の中に含まれる乳酸が皮膚上の常在菌(ブドウ球菌)によって代謝・分解され、ジアセチルが発生する。
  • 後頭部や首、うなじを中心に発生しやすい。
  • 使い古した油のような臭いが特徴。

食事のよる予防策

発生源となる皮脂は、毎日の食生活の見直しによって改善を図ることができる可能性があります。デオドラントやデオドラントシートなどは結局のところ一時しのぎにしかならず、根本の問題の解決には及びません。そこで摂取しすぎると臭いを強めてしまう食べ物、臭いを抑える食べ物について解説していきます。

臭いを強める食べ物

  • 肉類:タンパク質の摂取量が多いと、汗にもタンパク質が含まれ皮膚上の常在菌が代謝・分解することにより臭いを発生させます。
  • 動物性脂肪:チーズや牛乳などの乳製品。動物性タンパク質の摂取が多いと血中に含まれ、皮脂腺から分泌されてしまいやすいです。

臭いを抑える食べ物

・アルカリ性食品:梅干しや緑色野菜、海藻類など。

皮膚上は弱酸性に保たれており、そのおかげで臭いを抑えることができています。そのため、動物性脂肪が多いと酸性が強化され、臭いが発生しやすくなります。アルカリ性食品を摂取することで、弱酸性を保つことができ、結果臭いの発生を軽減できる可能性があります。

・抗酸化食品:ナッツ類や緑茶など。

臭いの発生に大きく関わる活性酸素を抑制できます。活性酸素が皮脂を酸化させ、それを常在菌などが代謝・分解し臭いを発生させるため、活性酸素を抑制することは臭いの抑制に繋がる可能性があります。


まとめ

 加齢臭などの体臭についてのまとめでした。臭いの元は食べているものにも関係します。そのため、肉類などの動物性脂肪などは控えて、野菜やビタミンを摂ること心がけると良さそうです。

 体臭は自分では気づきにくいデリケートな問題です。無意識に周りの人たちに不快な思いをさせているかもしれません。

 食生活の見直しをはかり、少しでも体臭を抑えることができればと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Related Post