Shu's Workdesk 健康情報 玉ねぎの栄養。身体に良いワケ?

玉ねぎの栄養。身体に良いワケ?

要約:玉ねぎの栄養が血液や血管に良いとされている理由。血管壁の強化や血液をサラサラにする成分に関係がある。

はじめに

 玉ねぎは生で食べると辛いし、あまり好きな人はいないのではないでしょうか。ただ玉ねぎはものすごい栄養素を持ち合わせているのです。このことを知っていると、あなたは今後玉ねぎは食事には欠かせなくなるでしょう。

玉ねぎの成分と効果

・硫化アリル:玉ねぎの辛み成分。粘膜を刺激するため、ツンと鼻にくる匂いや玉ねぎを切る時に涙が出やすくなる。効果は血液凝固の抑制作用、抗菌・抗酸化作用、血中コレステロール低下などがある。

・アリシン:玉ねぎの匂いの成分。強い抗菌・抗カビ作用をもつ。調理などによって分解されやすい。

・カリウム:塩分の摂り過ぎなどによって溜まった余分な水分を排出する作用がある。血圧を下げたり、むくみを改善する効果がある。

・ケルセチン:フラボノイド(ポリフェノールとも言われる)の一種。抗酸化・抗炎症作用、抗腫瘍効果、降圧作用、強い血管弛緩作用がある。

玉ねぎの成分を見る限り、非常に健康に良い成分が含まれていることがわかります。ただし、調理法によってはその成分が低下することもあるので、栄養を余すことなく摂取するには注意が必要になります。

栄養素が減少する?調理の時に気を付けたいこと

・加熱

 硫化アリルやアリシンの辛み成分は加熱されると甘みへと変わってしまいます。その分硫化アリルやアリシンの成分は変化しているので栄養素は減少します。

・生食

 特に硫化アリルは水溶性のため、水に晒してしまうとその成分が溶け出してしまいます。玉ねぎは洗わず、そのままサラダにして食べることが望ましいです。

・煮物

 煮物やスープなども辛みから甘みへと変化し、栄養素が水に溶け出します。そのまま、スープまで摂取することで栄養素はとることができます。

玉ねぎの成分を十分に摂取したい場合はサラダなどにして生食することが一番オススメです。ただし、辛みが苦手な方はドレッシングなどの調味料を使用することが望ましいです。その他にはスープなどにして玉ねぎその物やスープを摂取すると栄養素が無駄にしにくいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Related Post