Shu Workdesk 健康情報 睡眠を深くするコツ。

睡眠を深くするコツ。

はじめに

 寝つきが悪いとなかなか眠られず、朝まで目を瞑っていないといけないなんてことがありますよね。なかなか眠られないもしくは眠りが浅い方へむけて書いていきます。寝つきが悪かったり、睡眠があさかったりするのには理由があります。一度自分の生活を振り返ってみましょう。

寝つきが悪い、眠り浅くなる原因

 [NGな生活習慣]

  • 寝る直前までスマホをいじっている
  • 寝る二時間前に食事をした
  • テレビや室内の明かりをつけて就寝する

 上記のような生活習慣はありませんか?該当するのであれば、見直しが必要です。

 一つ目は、寝る前にスマホを使っているとブルーライトの影響によって脳が覚醒してしまいます。そのため、交感神経が優位となり眠気が薄れてしまい、寝つきが悪くなってしまいます。よって浅い眠りにつながります。

 二つ目は、寝る二時間前に食事をしていることも寝つきが悪くなり、深い睡眠が取れなくなりやすいです。理由は寝る前に食事をすると胃が活発になり、交感神経優位になるため、リラックスできなくなるためです。。

 三つ目は、テレビや室内の明かりをつけているです。これも上記と同様になります。脳が覚醒しやすい環境になるため、睡眠を促すメラトニンというホルモンが分泌されにくくなってしまうことが、眠りを浅くしてしまう原因になります。

深い睡眠をとるには

  • 簡単な運動、柔軟体操やストレッチをする
  • 就寝するときはカーテンをし、室内を暗くする
  • 寝る前に食事はしない

上記の生活習慣に見直すだけでも変化が現れると思いますので、一度生活習慣を見直してみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Related Post

気づきにくい体臭。ある身近な食べ物で臭いを抑制する。気づきにくい体臭。ある身近な食べ物で臭いを抑制する。

はじめに  スメルハラスメント(においにより周りに不快感を与えること)という言葉があるように「におい」が問題となることがあります。特に男性では加齢臭やミドル脂臭など、自分では気づきにくい臭いの存在もあります。特に対人関係 […]